1. ホーム
  2. 日田の求人一覧
  3. 現場作業員 / 正社員

正社員

サスティナブルの最先端。これからの未来を考える人にこそ向き合ってもらいたい仕事。

田島山業株式会社

現場作業員

給与
日給月給 195,500円 〜 276,000円
勤務地
〒877-0302 日田市中津江村合瀬3573

地球温暖化やSDGsという言葉が注目される前から、「山」に携わる人たちは持続可能に生きてきました。当たり前のことを当たり前にやる。山に木を植え、育て、大きくなったら伐って売る。半世紀を超えるこの流れを受け継ぎ、本来あるべき山の形をできるだけ変えないように心掛け、合自然的に淡々と繰り返す作業。林業はもっとも地に足のついたサスティナブルな仕事と言えるかもしれません。

5つの必須項目に入力するだけで簡単に応募できます。

山はまるでキャンパス。美しく整えるのが仕事です。

林業の仕事の一つに山を管理するという仕事があり、今回この道30年の日隈さんに仕事の魅力についてお話を伺いました。
「木が生い茂っていると日の光が入らず他の木が育たなかったり、山の中に入れなかったりするので、距離を考え伐採し調整し道を作ったりするのが自分の仕事です。普段からやりがいはこれだ~なんて思いながら仕事してないので、他の人にとって魅力になるかはわかりませんが、自分は木の伐り方や角度、遠目から見た時の山の景色などを考えながら仕事しています」

実は林業ってクリエイティブな仕事

実は誰が山を整えたかで、景色の良し悪しがはっきりでてしまうそうです!(これには取材陣一同もびっくり)
「といってもいちいちチェックをされるわけではないので適当にやろうと思えばできちゃうのですが、循環できる森をつくっていくうえで、自分にとったらそこがこだわりというか、、、後世に残す景色を自分でイメージして作れるって気持ちいいな~と思いながら、自然の生き物なんかも多いので一緒に仕事をしてます(笑)」
機械の操作一つで木の伐り方も変えられるそうです。そして今は機械の発展で女性も多く活躍しているそうです。100年続く景色を自分で創る仕事。なんて格好いいんでしょう。皆さんが大らかで幸せそうでした。

一人一人にマイフォレストを持ってもらいたい

林業業界には、安い外国産との価格競争や国際的な温暖化の問題など取り組まなければいけない課題が山積されています。しかし、田島信太郎社長は「これからは早くて安いが価値な時代ではなく、例えば自分の家の木がどこで育ち誰が運び、誰が建てたのかなど、そういう自分の経済活動がどこに寄与して誰の役にたっているかを大切にする時代になってくると思う。だからこそ市民一人一人がマイフォレストを持つようなそんな取組をこれから行っていきたい。我々が当たり前に行っていけばそういう未来がくると思います」と話して下さいました。田島山業さんは工務店やカフェなどとも連携し、まちと森林を繋ぐ、新しい価値の創造にも力を入れています。

給与

日給月給 195,500円 〜 276,000円
月平均23日労働として、残業代別途支給

勤務地

田島山業株式会社
〒877-0302 日田市中津江村合瀬3573
MAPを見る

勤務時間

08:00 〜 17:00
休憩90分、役職手当あり、試用期間有3ヶ月~半年

休日

日曜日、祝日、盆休み、GW、年末年始休暇、年間88日、他(山の神の日など会社休日カレンダーに定めた日)

待遇

昇給あり(原則1年1回、業績低下等の事由がある場合はこの限りではない)、賞与あり1年2回1ヶ月、退職金制度3年以上、社会保険完備、定期健康診断、交通費支給、マイカー通勤可、社用車あり、服装自由、シフト相談可、有給休暇、慶弔休暇、産前産後休暇、育児休暇、介護休暇、屋内受動喫煙防止策(屋外喫煙室あり)、定年制度~60歳、再雇用制度~65歳、他(労災保険、雇用保険、厚生年金保険など)

応募資格

未経験可能、学歴不問、掛け持ち可能、普通免許をお持ちの方(AT限定不可)

マニュアル免許取得の方、経験者、資格保持者優遇、転勤なし

5つの必須項目に入力するだけで簡単に応募できます。

田島山業株式会社

会社名

田島山業株式会社

所在地

〒877-0302
大分県日田市中津江村合瀬3573

設立年月

1988年12月

資本金

10,000,000円

この企業のホームページを見る

事業内容

1200haの自社山林を管理し、植林から伐採まで一貫作業を行うだけでなく、顔の見える原木販売や、大事な山林の管理も請け負っています。 チェーンソー防護服「SIP Protection®」の代理店、森の新たな価値創造を見据えた空間利用や森の湧き水でつくったお米やお茶の販売もしています。

今後のビジョン

<守るために、挑む> 田島山業の起源は、鎌倉時代から森と共に暮らしてきたと言われています。日本の森を、未来まで守り続ける為、新しいことに挑み、時代の節目に目を配り、しなやかに変わります。 ビジネスで林業を蘇らせ、地域を活性化する新たな流通ルートを開拓、直送体制を確立する事で、バイオマス資源など新たなニーズへいち早く対応。社名「山」業の想いを込めて、今後も新たな森の活用方法を模索していきます。

経営者が大切にしていること

<断固、森を守る> 田島山業が育てる森の木は、先々代たちが時間と手間をかけて植えた苗が50年もの生育を経て、世の中に送り出されます。森林のサステナビリティを念頭に、50年後の未来を見据えながら苗を植え、新しい森を育てる。100年あまりの時間と向き合い、この森を今の時代に活かし、未来につないでいきます。 また、何よりも安全を第一に、安心して作業ができるよう、工具や防護服にもこだわっています。

社員データ属性

グラフにカーソルを合わせる、またはタップすることで、属性ごとの割合を表示することができます。

5つの必須項目に入力するだけで簡単に応募できます。